今の色恋はだいぶ慣れてきたせいか結構前向きかもしれません

俺には、彼がいる。といっても、私の心のの場合の環境は集大成満たしていません。あんな心のの場合の環境を集大成忘れた時に、彼が見えてきました。といいますのは、あたし、思いがけなく不本意ながら、身体を壊してしまって、通院となってしまって、それも複数のお医者ちゃんに診てもらうことになってしまって、そんな人間が好ましい、こんな人間がいいと、かつてのように言えなくなったからだ。我慢して仕事をしてしまったならば、診査結果が悪化してしまいました。私の耳は、ノイズの良い乏しいによっては、聞こえていないらしきのです。乏しいノイズは聞こえていないらしいのですが、日頃から男子の人間とくちゃくちゃと話しながら、正午ご飯を食べていません。ある程度ご年配の女性で、声の小ぎれいと言うかわかる感じの嬉しい人間と話しながら食べている。
昨年の春、外界からのストレス、仕事場のストレスによりさらに診査結果は悪化してしまいました。とても恨めしい想いがあります。男子の人間に対する理想を挙げるところではなくなりました。通院の継続になりました。通院と兼務望める専業を見つけ出すことになりました。下を向いているときに、滑らかな世話をした意見が聞こえました。低いすぎない彼の意見は聞こえました。