風邪とインフルエンザの違いと見分け方

毎年、冬の時期に流行るインフルエンザですが風邪なのかそれともインフルエンザなのか分かりにくいと思います。一般的に風邪は一年中あり発熱も徐々に高くなります。くしゃみや鼻水、扁桃腺をもっている方などは喉の痛みを伴いますが大体は市販の薬で治ってしまう事が多いですし、熱も急な高熱にはなりません。インフルエンザは高熱(38度以上)が出てしまい市販の薬では効きません。全身に関節や筋肉痛などの痛みを伴いますのでおかしいなと思ったら熱を測ってみた方がいいと思います。インフルエンザはウイルス感染ですので外出する際にはマスクなどの予防をしておいた方がいいですし、手洗いうがいもちゃんとしておいた方がいいです。風邪もウイルス感染ですがその他には寒さなどで風邪を引いたりしてしまいます。インフルエンザも風邪も潜伏期間はほぼ同じで1日から3日ぐらいで症状が現れますが風邪の場合は微熱や咳やくしゃみの症状が殆どですが、インフルエンザは関節の痛みと高熱の症状が出ます。その時は家族にも移りますし、会社や学校でもみんなに移ってしまいますので、症状が出たらすぐに受診したほうが良いです。インフルエンザにはA型とB型がありますが、殆どの方がA型のインフルエンザにかかり大体3日間は高熱と関節の痛みに襲われてしまいますが、5日から一週間ぐらいで治ります。B型インフルエンザはA型よりも少し熱が低いですがこれも高熱(38度ぐらい)がダラダラと続き一週間から10日ぐらいで治ります。風邪も人によっては症状が違いますが、インフルエンザにかかってしまった場合はみんな同じ症状になってしまいます。風邪もインフルエンザも空気感染ですので社会人の方は特に予防接種などをしておいた方がいいですし、お子様もかかりますのでインフルエンザ予防接種はしておいた方がいいと思います。予防接種したからといってインフルエンザにならないわけではありませんが、いざなってしまった時に予防接種してない方よりは軽めになります。風邪とインフルエンザの違いは症状の違いですので、おかしいなと思ったら早目に最初は市販の薬で試してみて下さい。それでも治らない場合はインフルエンザの可能性があると思いますのでその時は、忙しいと思いますが病院で受診してみて下さい。ソノコホワイトニングジェルの効果っていいの?