風邪とインフルエンザの違いと見分け方

毎年、冬の時期に流行るインフルエンザですが風邪なのかそれともインフルエンザなのか分かりにくいと思います。一般的に風邪は一年中あり発熱も徐々に高くなります。くしゃみや鼻水、扁桃腺をもっている方などは喉の痛みを伴いますが大体は市販の薬で治ってしまう事が多いですし、熱も急な高熱にはなりません。インフルエンザは高熱(38度以上)が出てしまい市販の薬では効きません。全身に関節や筋肉痛などの痛みを伴いますのでおかしいなと思ったら熱を測ってみた方がいいと思います。インフルエンザはウイルス感染ですので外出する際にはマスクなどの予防をしておいた方がいいですし、手洗いうがいもちゃんとしておいた方がいいです。風邪もウイルス感染ですがその他には寒さなどで風邪を引いたりしてしまいます。インフルエンザも風邪も潜伏期間はほぼ同じで1日から3日ぐらいで症状が現れますが風邪の場合は微熱や咳やくしゃみの症状が殆どですが、インフルエンザは関節の痛みと高熱の症状が出ます。その時は家族にも移りますし、会社や学校でもみんなに移ってしまいますので、症状が出たらすぐに受診したほうが良いです。インフルエンザにはA型とB型がありますが、殆どの方がA型のインフルエンザにかかり大体3日間は高熱と関節の痛みに襲われてしまいますが、5日から一週間ぐらいで治ります。B型インフルエンザはA型よりも少し熱が低いですがこれも高熱(38度ぐらい)がダラダラと続き一週間から10日ぐらいで治ります。風邪も人によっては症状が違いますが、インフルエンザにかかってしまった場合はみんな同じ症状になってしまいます。風邪もインフルエンザも空気感染ですので社会人の方は特に予防接種などをしておいた方がいいですし、お子様もかかりますのでインフルエンザ予防接種はしておいた方がいいと思います。予防接種したからといってインフルエンザにならないわけではありませんが、いざなってしまった時に予防接種してない方よりは軽めになります。風邪とインフルエンザの違いは症状の違いですので、おかしいなと思ったら早目に最初は市販の薬で試してみて下さい。それでも治らない場合はインフルエンザの可能性があると思いますのでその時は、忙しいと思いますが病院で受診してみて下さい。ソノコホワイトニングジェルの効果っていいの?

私にとってやっぱり家族は幸せの源

私はつい最近まで専業主婦でした。ですから育児については、がっぷり四つに取り組んできたという感覚があります。
息子を一人授かりました。男の子の中には、とても活発で常に目が離せず、他の子とトラブルがあるようなお子さんが多いですが、我が家は温厚で消極的な面もあったので、比較的育てやすかったと思います。が、それでも私に対しては、好きな事や興味のあることには絶対に譲らないし、我慢もしないタイプでした。怖がりだから一人でお留守番もできず、常に私にひっついていたものです。子供は天使のごとく愛らしい存在ですが、同時に思い切り親を振り回す存在でもあり、親はへとへとになります。
息子が幼稚園に上がる前、四六時中一緒に生活していた頃、私の至福の時間は、夫が仕事から帰宅して息子と遊んでいる間、その二人の姿を見ながら台所仕事をする時でした。訳もなく幸福感が沸き起こり、心の中で「幸せだなあ」「夫のことも息子のことも大好きなんだなあ」と呟いていました。今から思うと、ほとんど休みなく私に張り付き状態の息子が、夫の所に行ってくれた解放感が、幸せ感の大部分を占めていた気もします。
その後夫が病没し、息子は大きく成長して親子で触れ合うチャンスはめっきり減りました。私は今でも息子に「チュー」できますが、さすがにさせてもらえません。悔しいので、朝、息子の部屋に食器やごみを取りに入った時、眠っている息子の掛け布団を整えてやるついでに布団の上からギューっとしてやります。息子は気づかず、私はたまらない程の愛しさがこみあげます。
夫は既になく、今息子は大きな挫折感の中で格闘していますが、夫の事を思い出せば心が温まりますし、息子の苦しい時間を分け合い、少しでも前進できて共に喜びあえる時、私は幸福を感じます。エルシーノって本当に効果ある?

喉が痛い! 風邪のひきはじめだと感じたら、私の場合はしょうが湯を活用!

私が風邪をひいたと感じる最初の症状は「喉の痛み」です。
喉がイガイガして熱をもったように感じられてくるのです。
嫌な感じがしてきて、しんどさに飲みこまれてしまいそうになります。
そんな時、私が必ず飲むものがあります。
それは、しょうが湯です。

最近だと市販しているものもあると思いますが、私の場合は自分で作っています。
個人的にはチューブなどのしょうがよりも効いているような気がしているので、生のしょうがを使用します。

生のしょうがを適量すりおろして、お湯を注ぎます。
そのままだとどうしても辛みが強いので甘みを加えるようにしています。

お砂糖でもいいし、シロップなんかでもいいのですが、私の場合ははちみつを使います。
赤ちゃんや小さいお子さん、特に1歳未満の場合にははちみつは絶対ダメですけど、私は大人なので気分に合わせてアカシアやみかんなどのはちみつをチョイスして使っています。
そうして作ったしょうが湯を温かいうちにじっくり味わうようにしてゆっくり飲み干します。
そして、暖かくしてなるべく早めに眠ります。

そうすると次の日には、喉の痛みも解消されていて、風邪の気配も薄れています。
しかしそこで油断して無理をしたり寝不足をしたりすると、結局は風邪の症状に襲われてしまいます。
そのため、喉の痛みを感じてから数日は温かく消化のよい料理を食べて、しょうが湯を飲んで、極力早めに寝て、気力と体力を温存するようにしています。
元々は子どもの頃に祖母や母が私に教えてくれて始まった習慣ですが、きっとこれからも続けていくと思います。わらびはだを買ってみました!